• ホーム
  • 襖(ふすま)雑学
  • 襖(ふすま)の記念日?

襖(ふすま)の記念日?

10月10日は『襖(ふすま)の日』です

世の中には様々な記念日があることをご存知でしょうか?
ユニークなものをいくつか紹介すると、


●毎月22日は上に15(イチゴ)が乗っているから『ショートケーキの日』
●10月1日は十(プラス)と一(マイナス)から『磁石の日』
●3月3日はその語呂合わせと、形がそう見えるということから『耳の日』

といった具合です。

実はそんな中、襖にも記念すべき日があるのです。

それが、10月10日『襖の日』。

これは一般社団法人 日本記念日協会 にも認定されている正式な記念日です。


なぜ、10月10日が襖の日なのかというと、
ちょうど10月のころに夏用の葦戸(よしど)を襖にかえる習慣があったということや、
漢数字の『十』が本襖に使用される組子の骨の交差のようだということに由来しています。

さらに、組みあがった襖の立縁と引手が1と0のように見える……というのも理由の一つです。

縁の『1』と引手の『0』で10



本格的な寒さが到来する今日この頃。今まで開けっ放しにしていた障子や襖も、いざ閉めてみると汚れや破れが目立ちませんか?

思い立ったが吉日、ご自宅の襖や障子を張替えるには絶好の機会ではないでしょうか?


襖の日に想いを馳せて…。





話のタネついでに、雑学をもうひとつ>>


お問い合わせ