『市松模様と麻の葉文様』

『市松模様と麻の葉文様』


黒と緑の市松模様

ピンクの麻の葉模様

上の画像を見てピンときた方も多いのではないでしょうか?
似た柄をフリー素材の中から探してきただけなので、厳密には同じではないですが、少し前から話題になっているあの柄です。

何かと注目されている『黒と緑の市松模様』や『ピンクの麻の葉模様』ですが、これらの模様自体は特別なデザインではなく、日本で古くから使われている意匠です。

ここでは日本の伝統模様である市松模様や麻の葉の意味や歴史などについて紹介いたします。

市松模様の歴史・意味

この『市松模様(いちまつもよう)』は、今日でも家紋や襖紙のデザインとしても、その意匠を目にすることができます。
2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムにも市松模様が取り入れられたことでも話題になりました。


市松模様は、二色の正方形または長方形が、互い違いになるように途切れることなく格子状に並ぶというシンプルな模様です。チェスに使用する碁盤の模様といえばイメージしやすいでしょうか。

しかし、その歴史は古く、古墳時代の埴輪にもその意匠が使用されていたものが出土しているほか、江戸時代以前から『石畳』や『霰(あられ)』と呼ばれ使われてきました。

この模様が市松模様と呼ばれるようになったのは、江戸時代中期の歌舞伎役者、佐野川市松が由来と言われています。

特に初代佐野川市松は当時人気のあった女形で、そんな佐野川市松がある演目で着ていたのがこの『石畳』の衣装でした。
それが人気を博したことがきっかけで、『市松模様』として広くその名を知られることとなりました。

また、市松模様は互い違いの柄が途切れることなく続いていることから『繁栄』や『発展・拡大』といった縁起の良い意味が込められてます。

麻の葉文様の歴史・意味

『麻の葉模様(あさのはもよう)』は、浴衣や赤ちゃんの産着などのデザインとして今日でも目にすることができるのではないでしょうか。

麻の葉模様はその名前の通り植物の麻の葉に似た、正六角形を基本とした幾何学模様です。
13世紀ごろ(鎌倉時代)にはすでに、仏像の衣服にこの意匠が取り入れられており、その後江戸時代初期ごろには浮世絵にも描かれ一般的な着物の柄としても広く知れ渡っていたようです。

また、麻の葉と言っていますが、これは大麻(ヘンプ)の葉です。
大麻と聞くと少しぎょっとするかもしれませんが、布や紙の原料として利用されるなど、古来から日本にとって馴染みのある植物なのです。

大麻は成長が非常に早く、あっという間に数mの高さまでまっすぐ伸びていきます。『麻の中の蓬(よもぎ)』ということわざにもその性質が良く表れているのではないでしょうか。
そんなまっすぐすくすくと成長する麻になぞらえ、麻の葉模様には子どもの健やかな成長を願うという意味が込められています。

さらに、麻は古来より神聖なものとして大切にされ、魔除けや厄払いの意味合いもあり、お守り等にもその意匠が利用されています。

市松模様・伝統柄を用いたふすま紙

ここまで、市松模様や麻の葉といった日本の伝統的な模様についてご紹介してきましたが、どちらも江戸時代には広く知られていた模様であることがお分かり頂けたかと思います。

数百年前に歌舞伎や浮世絵といった人々の『娯楽』の中にあった模様が、時を超え、今でも漫画・アニメといったサブカルチャーの中で多くの方々の心を掴んでいるということは、非常に感慨深いことだと思います。

これを一つのきっかけとして、時代を超えて愛される伝統の柄や模様を改めて見つめなおしてみるも、面白いのではないでしょうか?

例えばふすま紙の中にも、市松模様をはじめ伝統的によく使用される柄(デザイン)というものがいくつもあります。
(市松・麻の葉の意味を調べてこのページにたどり着いた方は『なぜ急にふすまの話を……?』と思われたかもしれませんが、このページはふすま紙問屋のホームページ内にあるのです。)

最後に弊社水戸紙店が取り扱っているふすま紙を例に挙げ、ふすま紙の柄としてよく使用される伝統的なものをいくつかご紹介してこの項目を締めたいと思います。


●市松模様:上記で紹介した伝統模様。二色の正方形または長方形が、互い違いになるように途切れることなく格子状に並んでいる。

日新828 (糸入り襖紙)

●山水画:自然の景観を描いた画。山岳や河水を中心とした構図をとる。

日新814 (糸入り襖紙)

●霞(かすみ):霞がたなびく様子を表現。上品で落ち着いた柄。

日新821 (糸入り襖紙)

●連峰:青々と連なる峰に雲海や霞がかかった様子を表す柄。

吉兆103 (糸入り襖紙)

●つゆ草(露芝):弓なりの半円状の線と小さな丸を用いた柄。芝に露がたまった様子を表している。

吉兆104 (糸入り襖紙)

●松竹梅:吉祥や慶事の象徴として松・竹・梅の3つを組み合わせた柄。

吉兆115 (糸入り襖紙) 


現代のモダン系ふすま紙とデザインを比較したいという方は、こちらの項目もどうぞ。



モダンデザイン襖紙 黄色

進化するふすま紙 へ>>


・各種掲載商品は代表的なものを一部、抜粋しております。
・画像の特性上、掲載商品画像の色味等が実物とは若干異なる場合があります。



お問い合わせ 
058-264-8661
(ホームページを見たとお伝えください)

FAX 058-266-7578

メール(お問い合わせフォーム)はこちら>>
もしくはinfo@mitokamiten.net へどうぞ。


岐阜市 襖材・障子紙販売
内装材総合卸

(株) 水戸紙店
岐阜市常盤町1番地
営業時間:平日9時~18時


岐阜県でのふすま・障子の張替相談はこちらから




一部の掲載商品は、ネットショップからもご購入いただけます。







サイトマップ
水戸紙店トップページ
>>

襖(ふすま)・障子張替え施工業者ご案内 へ>>
・サービスの流れ (水戸紙店にお問い合わせ)
・サービスの流れ (職人さんに直接お問い合わせ)


おすすめ商品PICK UP!!
・デザイン障子紙 ロンフロッキー 公開

取扱商品群一覧>>
襖紙(和紙ふすま紙)

襖紙(織物ふすま紙)
障子紙
強化障子紙(破れにくい障子紙)
引手
ふすま用縁(ふち)・戸襖用シール縁
糊・ボンド
プロ仕様工具

●進化するふすま紙
●ディズニー壁紙(クロス) プレミアムコレクション

おすすめ障子紙診断 >>


コラム 和紙とは へ>>
・ふすま・障子の歴史 役割

襖・障子の日々のお手入れ へ>>
障子の黄ばみを落とすには
冬の結露を防ぐには

・乾燥対策の必需品?ペーパー加湿器と先人の知恵

作法:襖の開け方・閉め方

襖雑学
襖の記念日
『襖』を含む難読漢字:『金襖子』

ウェブサイト(HP)管理者のつぶやき


ネットショップ (オンライン通販):Yahoo!ショッピングはこちら>>
ネットショップ (オンライン通販):BASEはこちら>>







お問い合わせ