• ホーム
  • 作法:襖の開け方・閉め方

作法:襖の開け方・閉め方

襖(ふすま)の開け方・閉め方

ここでは主に茶室などの改まった場所での作法をご紹介致します。流派などにより作法に違いがありますが、ここでは最も基本的な作法についてご紹介致します。



和室は床(床の間)が部屋の中心となり、この床の正面が上座となります。

和室に入る場合、基本的には下座側の襖(床の間から遠い側が一般的)から出入りします。

ポイントは以下の点です。
●襖は立った状態ではなく、座った状態で開ける(中の人を見下さぬようにという配慮)
●ノックはせず、代わりに『失礼致します』等、一声かける
●一度に開けるのではなく、3回に分けて開ける(襖を開ける・入室するという心構えの間を作る)


それでは順を追って見ていきます。


1.
開けようとする襖の手前(こぶし2つ分あける)で、跪座(きざ)をします。跪座とは正座からつま先を立てた状態のことです。低い位置で動作をする際によく用います。


2.中に人が居るようであれば、一声かけます。

3.引手に近い側の手(引手が左側についていれば左手、逆なら右手)を引手にかけ、10cm程開きます。

4.引手から手を離し、その手を襖の立縁(親骨)に沿って開いた隙間に入れ、下から30cm程の高さにかけます。そのまま体の中心程度まで襖を開けます。

5. 反対の手に代え、体が入る程度まで襖を開けます。この時、襖を完全に開けてしまわないように注意してください。

6.跪座から正座に直り一礼をしてから、軽く握った両手で体を支え、にじるようにして入室します。



閉める際は、これらの逆の所作を行います。

1.入室後、襖に向き直ったら跪座をし、襖に近い方の手で下から20cm程度の高さで親骨を掴み、半分程度まで閉めます。

2.反対の手に持ち代えて、残り10cm程度まで引きます。

3.その手を引手にかけて、襖を最後まで静かに閉めます。


以上が基本的な襖の開け方・閉め方となります。



その他、襖のあれこれに関してはこちら。


次ページ 襖・障子あれこれ へ 
>>


・各種掲載商品は代表的なものを抜粋しております。
・画像の特性上、掲載商品の色味等が実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。


お問い合わせ 
058-264-8661
(ホームページを見たとお伝えください)

FAX 058-266-7578

メール(お問い合わせフォーム)はこちら>>
もしくはinfo@mitokamiten.net へどうぞ。

岐阜市 襖材・障子紙販売
内装材総合卸

(株) 水戸紙店
岐阜市常盤町1番地


岐阜県でのふすま・障子の張替相談はこちらから




一部の掲載商品は、こちらのYahoo!ショッピングからもご購入いただけます。








サイトマップ

●水戸紙店トップページ
>>
襖(ふすま)・障子張替え施工業者ご案内 へ>>
サービスの流れ (水戸紙店にお問い合わせ)
サービスの流れ (職人さんに直接お問い合わせ)


おすすめ商品PICK UP!!

取扱商品群一覧>>
襖紙(和紙ふすま紙)
襖紙(織物ふすま紙)
障子紙
強化障子紙
引手
縁(ふち)
糊・ボンド
●進化するふすま紙
●ディズニー壁紙(クロス) プレミアムコレクション

おすすめ障子紙診断 へ>>


コラム 和紙とは へ>>
襖・障子の日々のお手入れ へ>>
障子の黄ばみを落とすには
冬の結露を防ぐには
作法:襖の開け方・閉め方
●襖雑学
襖の記念日
『襖』を含む難読漢字:『金襖子』

ネットショップ (オンライン通販):Yahoo!ショッピングはこちら>>
ネットショップ (オンライン通販):BASEはこちら>>


お問い合わせ