• ホーム
  • 襖(ふすま)雑学
  • 襖と関係があるの?話題のふすまパンとは?

襖と関係があるの?話題のふすまパンとは?

ふすまパンとは?襖との関係は?

突然ですが、皆様は『ふすまパン』という言葉を聞いたことはありますか?
数年前から話題になり『健康に良い』とか『スーパーフードだ』などと言われているようですが、私は食べたことがありません。

なぜ急にパンの話を? と思われたかもしれませんが、感の良い方なら気付いたでしょうか。そうです、『ふすま』パンなのです。

この『ふすま』を冠するパン、襖を扱うものとして避けては通れない道です。
一体ふすまパンとは何なのでしょうか?






『ふすまパン』のふすまは『麩』もしくは『麬』と書き、簡単に言うと小麦の糠(ぬか)のことです。ブランというと聞き馴染みがあるかもしれません。

この麬(ふすま)は小麦の中の表皮と少量の胚芽からなり、高糖質の胚乳を含みません。そのため、胚乳を粉にしている小麦粉と比較すると低糖質なのが特徴です。また、表皮や胚芽由来のミネラルや食物繊維を多く含むことも健康に良いとされる所以です。

そんな麬を含むパンの代表が『全粒粉パン』です。これは小麦を丸ごと粉にしたもの(全粒粉)を使用したパンで、小麦粉由来のパンよりも、歯ごたえと香りがあるそうです。お米で言うところの玄米のようなものと言えば、イメージしやすいでしょうか?


以上、襖と関係があるようで無かった、ふすまパンについてでした。


お問い合わせ